あっという間に4月です

えい5
  2014年4月2日 晴れ 最高気温 17.9度
    庭の梅が 満開です
    つい2週間前までは 寒くてストーブを焚いていました
    冬の装いで(コートはなし) 日向にいると暖かく1枚脱ぎました

    写真は 3月29日のものです
    むかし椎谷観音堂一体の山で 戦いがありました
    その戦いに備えて 山城のように作り直されました
    簡単に言うと だんだん畑を作り
    各段に柵を作り 防御の形を作りました

えい1
    2人のMさんは 永正7年(1510)に
    椎谷観音堂 堂山で  
    長尾為景(上杉謙信の父)が 上杉定実を擁立し
    上杉房能(守護大名)を攻めた 戦いがここであった
    永正の乱の ひとつの戦いです
    その戦いの跡を調べる人と そこで戦った人を調べる人です

えい2
    この道は土橋(どばし) 各段を行く道です
    各段を 遺構と言っていました
    古城址が好きな ひとりのMさんは
    新潟県内の古城址を回り HPを作りました

    古城址狂が行く ←ここをクリックしてください

    柏崎市のなかの 天拝山城をクリックしてください
    10年位前の報告の下に 3月29日の報告が出ています
    Mさん 新しい方を前にしてください

えい3
    鋸の先が 天拝山ののろし台と思われます
    もうひとりのMさんは こののろし台が今回のメインでした
    長尾に従って戦い勝利し その後の椎谷を守った高梨一族の歴史を調べています

えい4
    シイタケが出ている原木は 2年前に植菌したものです
    ポチポチと出ているものは 昨年の植菌です
    今年はまだ 植えていません 
    
スポンサーサイト

景観まちづくりワークショップ 第2回

まち22
  2013年10月17日 雨のち晴れ 朝晩は寒いです
    台風で 大島は大変な状況ですが
    皆様のところは 被害有りませんか
    椎谷は 風は吹きますが 被害が出るほど吹きません
    ここ3つ 2~3時間吹いて終わります
    冬の方が大変 ですかね

    10月13日日曜日の 新潟日報です
    最初の写真は町内会長の佐藤さんと 椎谷藩士子孫 柏崎市文化財審議委員の尾崎さんです    
    下の写真は 第1回のワークショップのものです
    昨日の夜16日ですが 第2回目のワークショップが開催されました
    今回は将来像を考えると 現状を把握するです
    願う将来は 桜の木で椎谷を埋め尽くしたい
    人が来て その人のためにお店屋ができて 飲食店ができて
    また小学校ができると いいね
    現状は 17軒の一人暮らしの方が 居なくなると家もなくなる
    9月と10月に 一人暮らしの2人が特別養護老人ホームに入所しました
    2軒には跡取りがなく その家に電気の点くことはないでしょう
    戸数は 減るばかりです

まち21
    今日の ハイビスカスです
    ご覧の様に 2つ同時に咲きました
    198円の木です 元気です
    上の花の脇に つぼみがあります
    右下の枝にも つぼみがあります
    葉もつややかで 元気です   さすがコメリです
    


     

景観まちづくりワークショップが開かれました

わーく1
  2013年9月26日 19時から 
   景観まちづくりとは 
    その土地に刻まれた記憶、人々の生活に光を当て直し
    より個性的で魅力あるまちをつくるために  だそうです
   3回開催されます
   きょうは 「景観を守り育てる術」という演題で
   新潟工科大学准教授、工学博士  ちょう さとこ さんの講演です

わーく2
   参加者は 名簿によると24人です
   町外から 4名の参加です
   元高浜小学校校長先生が 上越市から来てくださいました
   工科大の同僚である 大金先生も宮川から参加です
   みなさま 町外からわざわざありがとうございます
   町内も 若い方々が参加してくれました
   感激です

わーく3
   講演の後は ワークショップです
   柏崎の景観について 意見交換です
   でも 高浜地区以外をあまり知っていません
   というよりも 他地区はほとんだ判りません
   意見はほとんど 椎谷の良さばかりです

   なぜ椎谷でまちづくりなんでしょうか
   市は 椎谷をどうするつもりなのでしょうか
   24日には 観光交流課が34人
   28日には 生涯学習課が30人 歴史の町椎谷を各2時間ほど歩きました
   食べ物店がなく お土産屋さんがなく
   お金を落としてくださる ところがありません
   椎谷を どうするつもり? 

わーく4
   28日 しろいハイビスカスが咲きました

わーく5
   もうせんごけも この株は2回目の開花です

椎谷馬市記念の碑除幕式

じょま1
  2013年5月11日 小雨のち普通に雨
    椎谷藩初代藩主 堀直之は元和元年(1615)大阪夏の陣で
    薄田隼人兼相を打ち取り 大名になりました
    直之は大変馬好きで 農民によい馬を育てることをすすめました
    7月1日には 親馬と仔馬を調べ よい馬を選びました
    これが椎谷の 馬市の始まりでした
    柏崎市立図書館にある 柏崎文庫(関 甲子次郎著)によれば
    安政年中(1854~60江戸時代)に 7800余頭が集まったと書かれています
    
    椎谷 堀家 22代 堀光宗様のご寄付により 記念の碑が立ちました

じょま2
    記念碑の 除幕に
    左から 堀様の代理 椎谷藩士の子孫 尾崎様
     副市長 山田様  土地提供者 山崎様  町内会長 佐藤様
    が 並びました

じょま3
    町内からも 大勢の方が参加されました
    町内会長の あいさつ
    副市長の あいさつを頂き
    堀様の メッセージを尾崎様が 代読されました

じょま7


じょま4
    そのあと 椎谷ふれあいセンターで 
    写真の資料が 公開されました
    椎谷在住の 桑原さんが保管されていました
    馬市の 資料です    

じょま5
    車屋という旅館の 宿泊人名簿です
    車屋さんの親せき 桑原さんが保管していました
    大正6年のものです

じょま6
    左から4欄めは 宿泊理由は保養と書いてあります
    住所は 東京市麻布邑並新門前町
    名前は 読めませんでした
    6歳の長男と 宿泊しています
    歴史の町 椎谷です

ボランティアガイド 上田市研修会 2

うえだ6
    上田駅通りに出て 上田城跡まで約2Kmを
    1時間かけて 案内して頂きました
    25人が ぞろぞろ歩くと長くなります
    道を横断するにも 長くなります
    3分の2が渡ったとき 待って下さる車に
    行ってくださいと合図をしても 車は動きません
    私たちが全員わたって 車は動きだしました
    観光客500万人が来るまちは 市民の方も違いました
    上田市民に 感謝です

うえだ7
    東虎口門のまえで 記念撮影です
    ひとり 足りません

うえだ11
    案内板の前で ガイドさんから説明頂きました
    慣れていらっしゃる

うえだ8
    二の丸堀です
    今は水がありません
    春は 桜が綺麗だそうです

うえだ9
    市役所会議室で 交流会です
    柏崎側から ガイドの関する質問に答えていただきました
    ありがとうございました

うえだ10
    上田市の 夕景です
    山また 山です
    山登りとスノボが 思いっきり出来そう   
プロフィール

椎谷観音

Author:椎谷観音
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR