地区民生委員協議会会長研修会

かいちょう2
  2016年7月6・7日 県社協主催 上中越地区会長研修会に参加しました
    市町村の民生委員さんは 中学校単位にグループ化されています
    柏崎市には 207人の民生委員と主任児童委員がおり
    11地区があり 各地区に会長がいます
    見附市以南の 市町村の地区会長が集まりました
    刈羽村は 地区会長は1人です

かいちょう1
    このたびの勉強 
    グループワーク1は 新任者にやり甲斐と魅力をどう伝えるか です
    地区会長は 結構長く委員をしています
    柏崎市で一番長い方は 昭和61年12月から委員をされています
    委員の任期は3年で 75歳が定年となっています
    長くされる方もいますが 1期や2期で退任される方もいらっしゃいます
    ありがとう助かると 感謝される
    どんな小さなことでも頼りにされ相談される 使命感を感じる
    いろいろなことを学べる 自分自身の啓発 などなど

かいちょう3
    グループワーク2は 
    これからの民児協運営について考える 福祉課題解決の方策を検討する
    地域にどんな課題があるか 出し合った後一つについて解決の方策を検討しました
    我々3グループは 民生委員と地区町内会やその他のグループとの連携を検討
    町内住民の名簿を作り 福祉や災害時に備えようとするものです
    写真は8グループが 福祉会を立ち上げる です
    発表者は 義理の兄です

かいちょう4
    14グループの発表者 柏崎市の方です
    高齢の親と独身者との同居世帯への 生活支援の方策です

    今年の11月で 3年の任期が終わります
    各市でも 3分の1の委員が交代されると思います
    地域福祉は 私たち民生委員が担っています
    町内会と連携して 地域福祉の増進に努めます
スポンサーサイト

蓮池薫氏 拉致の話

らち1
    2016年7月5日 柏崎市民生委員会研修で 蓮池 薫氏の話を聞きました
      1978年7月31日に柏崎の海岸で 北朝鮮に拉致されました
      2002年10月帰国するまで 24年の拉致の生活でした
        
      命以外 すべて奪われた
      夢はなく すべて指示される生活
      つねに 監視された生活
      ときどきの国際情勢により 翻弄される生活
      忠誠を 試されているのではないかと 
      試されているかのような 場面
      などなど 日本では考えられないお話

らち2
     国際情勢により 一緒に拉致された女性と結婚できました
     子どもができて 日本人として育てられない話を聞きました
     たった1回のチャンスで 帰国でき
     子どもも 取り戻すことが出来ました
     まだ 拉致されて帰れない人がいます
     また 日本人妻もどうなっているか私たちには判りません
     一日も早い 帰国を願わずに入られません

     写真は ある施設のものです
     外出するときの様子です
     ここも 施設のまわりをフェンス囲われています
     でも 彼らは独りでいるわけではありません
     つねに 仲間と一緒です
     

柏崎市民生委員会総会

みんそうか1
  2016年4月22日 柏崎市民生委員児童委員総会が開催されました
    民生委員は 地域福祉のために働いています
    一地域のためだけでなく 全ての人々のために
    気持ちは 全世界のためにを思っています
    あなたは 自身の地域の民生委員を知っていますか
    民生の安定のために がんばっています

小中学校の入学式

がく3
  2016年4月7日 中学校 8日小学校の入学式
    椎谷は 桜が満開です
    閻魔堂前の桜は 風が当たらず一番早く咲きます
    今年は 参道の桜もきれいです

がく2
    7日に 中学校に
    8日に小学校の 入学式に来賓として出席してきました
    高浜小学校がなくなって 4年になります
    高浜地区からの新入生は ひとりかな
    椎谷地区は セロです

がく1
    あなた達には 洋々たる未来があります
    楽しい 面白い 素敵な人生が 待っています
    納得できる 80年を素敵に生きてください
    自分の選択で 楽しい人生になります
    勉強すれば 自分で運をつかめます
    日本は 自分で運をつかめる国です
    日本に生まれて よかったですね

がく4
    仁王門と 参道の桜です
    桜を見ると あぁ~新しい1年が始まる
    心新たな気持ちと わくわくするような気持ちになります
    今年1年 元気に励みましょう
    心弾まない方 椎谷観音堂をお参りしましょう
    観音さまに 元気をお願いしましょう
    私に 住職にお声掛けください
    観音さまは お待ちしています

ダウン症の書家・金澤翔子さんのお母さんのお話

akaiha4
  2015年8月25日 赤い羽根パートナーミーティングに参加
    県共同募金会柏崎市支会 主催の上記の会の動員で
    表彰式と 講演会がありました
    ダウン症の子供を 書家に育てたお母さんの話を聞きました
    母41歳のときに ダウン症で生まれた翔子さん
    翔子さん14歳のとき お父さんが亡くなりました
    お母さんが 書道教室を開いていたので
    小さいときから 字を書いていた
    お母さんは 翔子さんが18歳のとき
    20歳で 20点の作品展を開催しようと考えた
    個展でほめられると 爪噛みが直ったそうです
    どんな子でも 認められたいと思っている
    「生きていさえいれば 絶望はない」

あかいは2
プロフィール

椎谷観音

Author:椎谷観音
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR