盆内とお施餓鬼

法身(ほっしん)の三密(さんみつ)は
 繊芥(せんがい)に入れども
    せばからず
大虚(たいこ)に亙(わた)れども
    寛(ひろ)からず
         『吽字義(うんじぎ)』

仏はどこにでもいて
  救われない人はいない
どんな苦しみや悲しみにも
      必ず出口がある
原文の「法身の三密」とは仏の体、ことば、心(身(しん)・口(く)・意(い))のこと。
空海の言葉は「仏は糸くずのような塵の中にも、大宇宙にもいらっしゃる。
その居場所はどんなに小さくても困ることはなく、広大でも広すぎて困ったりしない。
自由自在に姿を変えてどこにでも存在している。」

手を合わせれば そこに仏はいらっしゃる

盆内1

 7月31日(日) はれ 夏にしては暑からず寒からず
     盆内とお施餓鬼がありました
     華蔵院の御詠歌隊の奉詠のあと 法要が始まりました

     盆内とお施餓鬼の意味は 
     刈羽村寺尾の善照寺様のHPを ごらんください
     すばらしいHPです

盆内2


     8月1日に近い日曜日にしたため
     他のお寺と同じ日になってしまいました
     応援のお寺様がいないため
     長男と次男の3人での法要でした

盆内3
     お説教は 東日本大震災を例に挙げ
     尊い命でも 自分の思うように生きられない
     せっかく頂いた命 大切にしましょう
     苦しい時の 仏だのみ
     仏さまは どこにでもいらしゃる

     お説教のあと おときです
     みなさまと おいしく頂きましたが
     参加される方が 年々少なくなってきます
     みなさま お寺をお参りください
     必ず いいことがありますよ

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

椎谷観音

Author:椎谷観音
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR