大伝法院流伝法灌頂

でんぼ1
  2012年9月15日 晴れ 暑い日
     伝法灌頂の受者が 廊下で待機しています
     加行(けぎょう)を終え 僧侶となるためのものです
     伝法灌頂を受けないと 僧侶にはなれません
      この組は 15時から     前行  
             16時から     取水
             16時45分から 18時45分まで休みなく 
             受者加持、三昧耶戒 を受けます
             翌日 5時30分から9時25分まで
             初夜 後夜を行います
     障子の向こうが 南です

でんぼ2
      緑の衣をつけている方が 便壇阿闍梨様で
      教授に曳かれ お供を連れて 
      控室から 行場へお出ましです
      便壇阿闍梨は 紫の衣を着るための登竜門です
      この便壇と 私が昨年行った伝法大会の
      二つの行が 必要となります

でんぼ3
      すべてが終わって 壇行事 内庫 讃所に御礼のあいさつです
      このあと 開壇阿闍梨様に終わったことの報告と
      お言葉を頂きに 参ります

でんぼ4
      讃衆が讃を唱える 讃所です
      朝の5時30分から 夕方17時25分まで
      教授とともに 阿闍梨様と受者に 讃を唱えます
      廊下側が北で 襖が開いているのはそこだけです
      風が 通りません
      右側が行場で 阿闍梨様が行を行っています
      教授が 「讃」とか 「讃、讃」と合図があると
      その処で必要な 前讃 中台讃 後讃をお唱えします

      9月20日 一日中小雨 夕日はありません
      ようやく涼しくはなりましたが
      お彼岸の中日に向けて 本堂の掃除をすると
      やはり蒸し暑く 汗が出ます
      中日に お寺においでください
      本尊様 ご先祖をお参りください
             
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

謹啓
群馬県藤岡市の寿楽寺です。御山で伝法灌頂が修されるのですね。高野山真言宗では地方で伝法されることはないので驚きました!現在、小納、中院流一流伝授の許可を受けて受法しています。機会があれば、大伝法院流の伝授を受けたいと考えています。中院の伝授にはどうしても三憲流の聖教全巻、新安祥寺流の伝授録が必要で併学しています。しかし、伝流については四度次第がありますが伝授阿闍梨様がいないと台密の内容も入っているので中院を中心にしても併学できません。新潟で伝流一流伝授開壇はありますか?
プロフィール

椎谷観音

Author:椎谷観音
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR