柏崎・刈羽地区奉詠大会

ごえい1
  2012年11月13日 晴れのち大風と雨
    ご詠歌を練習している方々が 日ごろの成果を披露しています
    大会レジュメにあるように 28回目です
    当寺からの 妻のほか3人が参加しています

    ご詠歌とは
    私たちの心を落ち着かせる歌の力を利用して
    仏の世界に直参するのがご詠歌であり
    唱える姿は歌によって 大日如来を供養するという仏さま
    「歌菩薩(かぼさつ)」さながらなのです

    打ち振る鈴鉦の流麗な所作 誰しもが共感する歌詞と
    てんめんたるメロディ・リズムにのせた声
    そして唱える人それぞれの心を満たす安らかな気持ち
    ご詠歌は 身と口と心の三つの働きを
    清らかにして仏と一体になる という真言宗の教え
    そのままの行なのです (真言宗豊山派 檀信徒宝典より)

ごえい2
    会場はお寺を使わず 市中心部の文化会館和室です
    参加者は 市内の奉詠する方と 役員でした
    参加するお寺の方丈さんは 私一人で
    ただ 聞きに来ただけの人はいませんでした
    この組は 妻の実家のお寺のみなさまです

ごえい3
    柏崎組の お寺の方々の参加です
    柏崎・刈羽地区とありますが 刈羽組寺院の参加はありません

ごえい4
    観音大慈支部の方々です
    一ヶ寺で10人以上にならないため 
    支部を設立できない お寺の方々の集まりです
    当寺も 講員は4人です
    人数は少ないですが 一生懸命練習をしています
    盆うちで 奉詠してくださいました

ごえい5
    寺族有志の方々です
    来年の 刈羽組檀信徒研修会には
    腕輪念珠作りの次に ご詠歌の練習もいいかな

  釈迦如来成道和讃(しゃかにょらいじょうどうわさん)
   1番 清き流れの 尼連河(にれんが)に 六年(むとせ)苦行の身を灌ぎ
      やさし乙女のささげける 乳味(にゅうみ)の供養うけましつ

   4番 東天高く 明星の きらめく時し かつぜんと
      ついに成道 遂げたもう 師走は八日 朝までき

   5番 光明あまねく 輝きて 天楽響き 妙華(みょうげ)降り
      歓喜の賛歌 湧きあふる 南無大聖釈迦世尊

    12月8日は お釈迦様が悟りを開いた日です   
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

椎谷観音

Author:椎谷観音
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR