四摂事(四摂法)ししょうじ(ししょうぼう)

ししょう1
  2016年10月22日 越後宗務支所主催 檀信徒研修
    四摂法ししょうぼう 仏教辞典で
     菩薩が衆生を 摂受して
     親愛の心を おこさせ
     菩薩を 信頼させて
     ついに仏道に 引き入れる為の
     四種類の行為
   (1)布施(財や法を施すこと)
   (2)愛語(やさしい言葉をかけること)
   (3)利行りぎょう(衆生を利益する種々の行為)
   (4)同事(衆生に近づいて衆生の中に入り、
         衆生と苦楽をともにし事業を同じくすること)
    檀信徒研修会の 講演で 
    福島県伊達市の 石井祐聖先生がお話くださいました
    いま 真言宗豊山派で 一番の講師ではないでしょうか
    東日本大震災で いろいろなことが起きました
    その事例をいくつか お話くださりました
    「不運に見舞われたけれども
    不幸になってはいけない」
    「人を思ってした行動は、受けた人だけでなく
    した人も幸せになれる」
    「貴方がくだらないと思っている今日は
    亡くなった人が生きたかった明日だ
    今日を大切に生きる」 
    いろいろな事例 それが四摂法でそのものだった
    と お話くださいました
    心・ほっこり

ししょう2
   越後仏教青年会の 奉納太鼓です
   なんど聞いても 太鼓はいいですね

ししょう3
   横川恵子さまの 高田ごぜ唄を聴きました
   わたしは ごぜ唄は初めてでした
   すばらしい 芸術です
   動画も 撮ってきましたが 
   UPの仕方がわかりません ごめんなさい
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

椎谷観音

Author:椎谷観音
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR